本文へスキップ

枚方9条の会は国際紛争の解決の手段として戦争と武力を放棄した日本国憲法を守るという一点で一致する市民でつくる組織です。

専用電話 080−4483−0881

 
;
最終更新 2016.2.4「憲法を学ぶ春のつどい2016」案内
  


       



    

 琉球新報・松元剛氏が、「沖縄・基地問題は、平和憲法、民主主義を守る日本全体の試金石」と熱く語る

 去る2015年9月12日開催されたひらかた九条の会の「講演と文化のつどい2015」で、琉球新報編集局次長の松元剛氏が「戦後70年 沖縄から戦争・平和・憲法を考える」と題して、以下のような講演(要旨)をおこないました。

   アジア・太平洋戦争において日本で唯一の戦場となった沖縄。サンフランシスコ講和条約(1952年)によって日本本土から切り離された沖縄は、「銃剣とブルドーザー」で土地を奪われ「基地の島」化を余儀なくされた。その基地が、沖縄県民の環境・人権・生活をどれだけ侵害してきているかを、米兵が起こす事件・事故や米軍の日々の訓練による爆音などの実態を、映像を交えながら明らかにする。

こうした県民の生活と実態を目の当たりにして、「県民と目線を共有する」ことこそ、沖縄メディアの報道姿勢の基本だ。こうした立場を理解せず、「沖縄の2紙はつぶさないといけない」とする報道圧力とは対極の立場で、今後も県民とともに「基地のない平和な島」=沖縄をめざすことを報道の土台としていきたいと話す。

 戦後日本は、国土の0.6%の沖縄に基地を集中させ、基地被害など沖縄の苦難に「見て見ぬふり」状態を続けてきた。尖閣諸島の領有権問題を抱え、中国にいちばん近いのは沖縄。お金を出すから、中国の脅威の防波堤となる米軍基地を引き受けてなど、「人ごとの論理」がある。だが、いまや基地経済の神話よりも、基地返還後の跡利用の方が、はるかに経済効果が高いことを沖縄県民は分かってきている。根拠薄弱な抑止力や沖縄は基地がないとやっていけないという論や「政策」は沖縄県民にはもはや通用しない。

沖縄・基地問題は、決して沖縄県民だけの問題(「人ごとの論理」)ではなく、平和憲法、民主主義の守るかどうかの試金石=日本全体の問題として捉えることが大事ではないかと訴え、講演を締めくくりました。

 

 「つどい2015」では、600余人の聴衆が松元氏の講演に耳をかたむけ、次のような共感をもった感想などが数多く寄せられました。

 「現地の生々しい報道、沖縄の現状を聞いて、あらためて大阪の新聞だけではなく、現地の新聞を見聞きすることの大事さを、真実を自分で追わなければと思った。」

 「沖縄の現状についてよく分かるお話であった。記者としての活動についての深い思いを感銘深く聞き留めました。新基地に対する沖縄の人々の強い危機感は、そのまま安保法制への全国民の課題につながっていると改めて思いました。」

 

 なお、講演に先立って、隣の八幡市出身のデュオ「たんと」のピアノ&サックス(オカリナ)の演奏があり、「音楽は心の糧で不可欠なものだと感じた。平和であってこそ音楽であると」(感想の一部より)という思いを共有する時間を過ごしました。


         

沿革HISTORY

                        
2006.5.3 「憲法のつどい」開催。西谷文和氏講演他。251名参加。メセナひらかた
2006.7.20 「結成記念 講演と文化の夕べ」開催小田 実講演他。約800名。
2007.4.28 「映画と講演の夕べ」開催。映画「戦争をしない国日本」。
伊藤塾々長:伊藤真氏講演。
2007.8.4 「講演と文化のつどい2007」開催合唱朗読構成「紫金草物語」関西紫金草合唱団澤地久枝氏講演。約800名 
2008。9.6 「講演と文化のつどい2008」開催。朗読と音楽による構成「日本国憲法のこころ」小山内美恵子氏の講演他。約700名。 
2009.9.13 「講演と文化のつどい2009」開催。創作落語 渚家初都。森永卓郎氏の講演「経済と戦争はつながっている〜本当に幸せをもたらす社会とは」600名。
2010.9.18 「講演と文化のつどい2010」開催。NPT・NY行動レポート「世界に届け、枚方発草の根草の根の声」。安斎郁郎氏の講演「広がる非核化の流れと憲法9条」550名
2011.9.23 「講演と文化のつどい2011」開催。「お国ことばで語る憲法」。あさのあつこ氏とトーク対談「青春・社会・憲法」 550名
 2012.9.8  「講演と文化のつどい2012」開催。丸田恵都子さんのアルパ演奏、湯浅誠さんの「憲法から日本の社会を見つめる」、650名
 2013.3.9 講演会  森英樹氏の講演  「憲法九条を守り、歴史の逆流を許さない!
 2013.9.7  「講演と文化のつどい2013」開催。ナオユキさんの漫談「世界中に憲法の花を」、堤 未果さんの講演「貧困大国アメリカに見る日本国憲法の価値」、600名
 2014.3.29  「憲法を学ぶ春のつどい」開催。木下智史さんの講演「特定秘密保護法と9条を考える」、130名
 2014.7.6  「報告会」開催。鵜塚氏(毎日元イラン特派員)「中東アジアからみた憲法9条」、25名
 2014.8.30  「講演と文化のつどい2014」開催。フルートアンサンブル「ピュア」の演奏。金子勝さんの講演「無責任体制と戦争責任の否定」〜アベノミクスと右傾化〜、700名
 2015. 3.7  「憲法を学ぶ春のつどい」開催。くずは憲法の会の活動報告。木戸衛一さんの講演「『積極的平和主義』と憲法9条」〜ドイツ・ナチス独裁成立の教訓から学んで〜、130名
 2015. 6.7  映画「標的の村」上映会、162名鑑賞
 2015.9.12 「講演と文化のつどい2015」開催。Duo たんとのピアノ伴奏でサキソホンとオカリナの演奏。琉球新報編集局次長松本剛さんの講演「沖縄から戦争・平和・憲法を考える」、600人
    

連絡先liaison

       
専 用 電 話
080−4483−0881
F A X
050−3737−6328
ホームページ
http://www.hirakata-9jo.com
メ  ー  ル
mail@hirakata-9jo.com

このページの先頭へ














バナースペース                                    

               tr>
講師歴史  写 真
2006
西谷文和
2006
小田 実
 
2007
澤地久枝
2008
小山内美恵子
 
2009
森永卓郎
2010
安斎郁郎
2011
あさのあつこ
2012
湯浅 誠
 
2013
森 英樹
 
2013
堤 未果
 
2014.3
木下智史
 
2014.8
金子 勝
 
2015.3
木戸衛一
 
2015.9
松本 剛
 
ひらかた九条の会の
ロゴマーク
 よびかけ人の戸口ツトムさんのデザイン 憲法9条の「9」と枚方の「ひ」の字をあしらった鳩のマークです
枚方市内の9条の会一覧